努力に裏切られる本当の理由

 

努力してもうまくいかないことがある。これは事実だ。では、自分の努力の仕方が間違っている可能性を考えたことはあるだろうか。

あなたの努力が報われないのは、決してあなたのせいではない。やり方が間違っているか、運が悪かったかのどちらかだ。

人は何かをするとき、すでに誰かがやったやり方と同じ方法をとる。誰かがやって成功したやり方をとったほうが成功しやすいと考えるからだ。しかし、いくらやってもうまくいかない。自分には才能がなかったんだと、諦めてしまう(才能なんて言葉は意味がないのだが)。その方法が間違っていたと考えもしない。なぜなら、すでにその方法で成功した人がいるからだ。

中には、そこに気づく人もいる。「別のやり方を探そう」そう言って別の人が成功したやり方を試してみる。それでもうまくいかない。やっぱりダメじゃないかと諦めてしまう。

ネットや本で探してきた方法の評判が高ければ高いほど、失敗したときに自分を責めてしまう。信じれば信じるほど、裏切られたときのショックは強くなる。

何度でも言う、失敗したのはあなた悪いわけではない。やり方が間違っていただけだ。あなたに合った方法さえ見つければ、必ず成功する。成功に必要なのは、正しいやり方と、時間(試行回数)、想いの3つだけだ。あと時々、運やタイミングが重要だったりするが、これは試行回数でカバーできる。それ以外に必要なものはない。

 

①あなたのためだけのやり方を探そう
努力は、正しい方法を見つけ出し、その方法をどれだけ繰り返したかで、その強度が上がる。そもそも性格や環境も違う人間がまったく同じやり方で成功するわけがない。成功するのは近いパーソナリティを持った人たちだけだろう。

ではどうやってその「自分に合った努力の仕方」を探すのか、それはまた次回。

 

②時間(試行回数)

「成功するためには努力しかない」と言われると、そんなことわかってる!と大声で叫びたくなる。わかっていることを何度も言われるとイライラしてくる。でもぼくらは知っているいくら時間をかけて頑張ってもできないものはできないのだ。成功や努力の話になると時間が引き合いに出されることが多い。まるで時間をかけることが美徳であるかのように。しかしそれも仕方ない、成功するための努力の仕方は人それぞれなので、それを測るためには時間というモノサシを使うしかないというわけだ。

本質は時間ではなく、時間をかけて、繰り返し試行し、その方法の精度を上げていくことにある。精度をあげ、そのやり方でより短時間で効率よく経験値を得られるように調節していく。これが努力における時間の考え方である。

 

③想い

どんな夢や目標も想いがなければ叶わない。想いがなければ、正しいやり方を見つける前に諦めてしまうし、試行回数を積むこともできないだろう。そして諦めないということの他に、想いが必要な理由がある。それはただしいやり方を見つめるための道標になるということだ。

例えばミュージシャンになりたいとする。毎日楽器や歌の練習をしてプロを目指す。一度、オリジナル曲のCDを音楽レーベルに送って見たが連絡がない。諦めずもっと練習した。また送ってみたが連絡がない。もっともっと練習した。何度送っても連絡がない。そのうち夢を諦めてしまう。

どうして彼の夢は叶わなかったのだろうか、ここまで読んでくれたあなたなら気づくことができる。努力の仕方が間違っていたのかもしれないということだ。では想いがその努力の仕方を見つけるための道標になるとはどういうことか。彼は「なぜその夢を叶えたいと思ったか」を思い出さなくてはならない。ミュージシャンになりたい理由、音楽で人を感動させたい、大好きな音楽で生活したい、たくさんの人の前で自分の音楽ができたら気持ちいいだろうな、そんな理由だったはずだ。いつのまにか、音楽レーベルに入ることが目的になっていたんじゃないか。いい音楽をつくる努力ではなく、誰かに音楽を届ける努力が必要だったんじゃないか。 

 

何か夢や目標に向かって努力しているあなたへ
どんなに失敗しても、決してあなたのせいではない。たまたま運が悪かっただけだ。どうしてもうまくいかないようなら、やり方が間違っていないかもう一度考えてみよう。時間がかかったっていい、何度も試して修正していこう。想いがあなたを導いてくれる。


努力は必ず報われるとは限らないが、報われるためには努力しなければならない。